2009年01月05日

ダークナイト(2)

俺と幼馴染のK澤という、水と油みたいな真逆の評価が多い両名ですら、
満点評価をたたき出したダークナイト。
痛々しい言い方をすれば2008年度トップにマストな映画です。

1月24日から再上映が決定してるそうです。
うわわわわ!こいつはやばい!誰に言われなくとも一人でも観にいくぜ!
・・・と思ったけど布教の為に未見の知り合いを誰か誘っていくぜ!


再公開されるのは以下の劇場。

【東京】 丸の内ピカデリー
【大阪】 梅田ピカデリー
【京都】 MOVIX京都
【兵庫】 神戸国際松竹
【福岡】 福岡中洲大洋
【北海道】スガイシネプレックス札幌劇場


この文章読んだ未見の方は是非みてください
是非というか「行かないの?え?なんで?行くよね?常識的に」くらいのレベル
posted by B野 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

WALL・E

WALL・E
前座が谷村新司のコントで本編はデブが頑張る映画。



 あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!
『俺は奴の前でレッドクリフを観たいと言ったら、いつの間にかWALL・Eを観ていた』。
な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、

 2008年最後に観に行った映画になりました。先に結論をお伝えしますと超優良作です。
自分の好み的に「最高!」て鼻息荒げる感じではないんですけれども、
文句つけるところが特に見当たらないとても良い映画でした。


 
 普通こういった映画をクリスマスあたりに観るとなると、
常識的に考えれば女性とキャッキャウフフするためであるとか、
もしくは家族みんなで幸せな休日を満喫するため、という動機付けになります。
ところが残念!低学歴で低所得のゴミクズの俺と、
幼馴染で超高学歴ゴミクズK澤の、いつも通りのゴミクズ映画鑑賞会!



 本当は面白いと人からお伺いした『レッドクリフ』を観るつもりだったんですが、
「レッドクリフ観てーんだけど」
「あれはないわ。別のにしようぜ」
とのK澤のにべもない一言で瞬殺でした。
そこで別の幼馴染、Sわだから鶴の一声、
「お前らみたいな生ゴミのしぼりカスは、たまには心が洗われるような
ハートフルな映画を観んといかん。ドゲンカセントイカン」
こうして我々はWALL・Eを観る事になったのです。
極めてハートフルな展開です。



 人間が絶叫しながら右腕がモゲたりですとか、腐った豚汁をオッサンに
ドバドバぶっかけたりする映画、大統領が狙撃されるテロが発生したり、
狂人が暴れ狂う映画ですとか、そういったものばかり普段観ている我々です、
当初は非常に心配でした。「こんな二人で楽しめるのか?」と。
 
 『バンテージポイント』という映画の鑑賞直後、K澤の余りにクソミソな評価に引っ張られ、
思ってもないのに「ああ・・・まあ、言われてみればあの展開は、ないよね」
みたいな事を言ってしまった時。エスカレートして二人でボロカス言っていたあの時。
それまで「おもしろかったね」と言っていた傍の女の子二人組・・・あの顔!
ドン引き気味の苦笑いを、ぼくは忘れてはいません。

 K澤は映画というものに思い入れがない人間で、毎回俺に付き合ってもらってるので、
肌に合わなければ辛口なのも無理もないのです。
「ドラゴンボールの実写版、金出して観に行こうぜ!」
と嬉しそうに言うような俺とは好みも見る姿勢も全く違うのです。
そこがゴミクズ映画鑑賞会の面白いところでもあるんですが。


 しかも今回はいつものように毎月1日の映画1000円デーではない、通常料金の日。
さらに、字幕版が都合よくやっていなかった為、吹き替え。
普段と違い、お子さんも多いはず。もはや女の子二人組では済まされない。
下手をしたら周りの家族連れ、カップルが大怪我です。

 息をのみながらK澤サンに伺います、
「あの、K澤サン、本日は映画1000円デーではござませんが、よろしいので?」
「(アゴで俺を一瞥して)評価が超激辛になることは避けられない」
K澤サン、パネェーーーっすッッ!緊張ッッッ・・・



閑話休題。



 WALL・E、良かった!しかもムービックスデー(毎月20日)で偶然にも1000円!
俺とK澤、二人のオッサンの心は洗われ、鳥になった!

 自分は事前情報全くの0で観に行きましたので、1から10まで全て新鮮で楽しめました。
まさかディズニーの映画だとは。劇場で初めて知りました。
(と、同時にK澤とディズニー映画を観ている事に尋常でない違和感を覚えた)

 キャラクター同士の掛け合いのテンポが半端なく良い。
ストーリーも一部非常にホラーなところがあり、子供は純粋に
引き込まれ楽しむだけなのかもしれませんが、大人は思わず唸ってしまいそう。
そして物語の舞台や小物など、細部の作り込みが物凄い。
WALL・Eというロボットの充電完了音がどこかで聞いたことがあるアレだったりするのです。
他にも『2001年宇宙の旅』のHAL9000に似たロボットが出てきたなと思っていると
その後思いっきりそのパロディのネタがちりばめてあったり、
エンドロールにまでかわいく動く8bitのファミコンみたいなキャラクターが登場したり。
飽きさせない工夫がそこかしこに散ってます。サービス精神旺盛すぎます。
K澤さんも「手堅い作りの良作だったな」と好感触だったようです。



 余談。別に泣く感じまでいく「感動作!」という映画ではない印象でしたが、
何故か前が見えん位眼球が潤ってしまいました。
全然泣き映画でない作品にもかかわらず、映画館で映画を観ると、
ここのところ目がコンタクトのCMみたいに潤うのが謎です。
ハートフルな映画ではまだ良いとしても、
アクション映画観てて何故か泣いてるとか、はずかしい。
二十歳を迎えて以降、涙腺の機能がおかしくなっていて気持ち悪くなります。


とにもかくにも、EVEかわいいよ!ストラップほしいよ!
おすすめです。
posted by B野 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけおめでございます

ぶっちぎりで遅れてますが取り急ぎ更新。今年もよろしくお願いいたします。
posted by B野 at 16:19| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

無敵モード

 ここのところめっきり日記(という名の虚構・虚言)を書かないでおりましたが、
恐らく安定期に入ったのでそろそろ色々と人の悪口とか書きまくろうとか思います。
最近は根拠もないのに、もう人が変わったかのように
物事が楽しくて楽しくて仕方ない無敵モードに入っているので、無敵です。
チキンナイフ二刀流魔法剣フレアみだれうちです。

 
 東京に出て二年目ですが、その二年目も終わりに近づいております。
特に報告などはしていませんでしたが、流石に寝て過ごしてばかりいた訳ではありません。
(割と膨大な時間を寝て過ごしましたが)
十条と赤羽という完全に正気を失っている町、
そして東京と言うゴミのように人々がいる街にいることで、
色々とキチガイじみたモノを集めたりも出来ました。
モリモリと小出しにしていこうかと思っております。
前の職場が分解するまでに溜めてきた、仕事中書いた落書きの類も少なからずあるので、
さっさとアップしてゴミとして捨てたいと思うばかりです。
おぞましい!オゾい!


 とりあえず有言不実行が大好きなもので、なかなかやらないため、
今宵はスキャナをフル稼働させます。今から。
そうしないと明日も明後日もやらないのが俺です。
posted by B野 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

アイロンマン

アイロンマン
 アイロンマンが空を飛ぶ時にキューピーちゃんみたいなことになる映画。


 先にマクド・マック論争よりも声を大にして申し上げておきますが、
「Iron Man」はどう考えてもアイロンマンとしか読めない。
完全にアールが二文字目に入っているじゃないか。どう考えてもラ行。

 あまりにもロボットと人が吹っ飛ぶものですから
そのテンションの高さに笑いが止まらない。
あと悪党の頭の悪さに笑いが止まらない。
なんという最高な映画なんだろう…バカ騒ぎすぎる。

 まさかアイロンマンでそんな所に満足するとは思いませんでしたが、音楽良いです。
それと今年観た映画の中ではダントツにエンドロールがカッコいいです。


 あと秘書がやばいくらいにエロい。
アレを観て年増女属性の性癖を開発されてしまう男は少なくないはず。
男はみましょう
posted by B野 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。