2009年07月30日

観てたけど感想書いてなかった映画達

ウォッチメン
ヒーローになっている人達は気がちがえていると分かる映画。

 いい年こいてヒーローものにうつつを抜かす自分みたいな人間は全員見るべきだと思いました。劇場で見終わって速攻で原作本を買ってしまいました。最高でした。人によって好きなキャラクターが違うと思いますが僕はぶっちぎりでロールシャッハが気に入りました。かわいすぎます。あとアクションが無茶苦茶キレがあって良かった。アメリカ映画でこんなにワイヤーアクションをセンスよく使っているのは初めて観たかもしれません。



13日の金曜日
殺人芸人ジェイソンさんが古典芸能に挑む映画。

 なぜか製作がマイケル・ベイなので車が吹っ飛びまくったりするのかと思ったけど吹っ飛びませんでした。でも車はいい使われ方をされていました。厳然としたアメリカンホラーとして初期の2作分辺りをリメイク。派手派手でない映画もこんなに丁寧に撮作る人なのか、と感心。シリーズ後ろの方のギャグ化してるジェイソンが好きなので、個人的には少し物足りなさを感じました。黒人が中華鍋をシールドのように使うセンスに脱帽。



GOEMON
ジャンピングキリモミ江口洋介無双ゲー。

 キャシャーンよりもエンターテイメントとしての意識が高く、誰でも楽しめそうな作品になっていました。どこかの宣伝で、日本映画最高のCGが云々と言われていましたが、あれだけふんだんに使っているのはこの映画くらいかもしれません。文句に偽りなし。でも草原のCGはプレステでした。幼馴染二人と観に行きましたが、そこそこな反応。全体的にゲーム世代ならすんなり受け入れられるのではないか、といった印象です。大満足。
 そして数日後の母からのメール、「おとうさんとゴエモン観てきたけど残念やった」。

posted by B野 at 01:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

ワルキューレ

ワルキューレ
トムクルーズがドッキリを仕掛けたら相手がブチ切れてハブられる映画。


 知人が試写会に当選したため公開前に鑑賞させてもらいました。
トムさんが眼帯してるポスターは釣り広告でよく観ていたのですが、
内容が全く分からず、SFアクションか何かかと思っていました。
宇宙人みたいなんが襲来してきて、肉弾戦でもするものだとばかり。


 第二次世界大戦下でのドイツが舞台です。
ドイツ軍の将校でありながら愛国心の強さゆえヒトラー暗殺を企てる男の話。(実話)
鑑賞するまでは「へーそんな人がおったんか」などと思ってましたが、
調べてみるとドイツ内では英雄扱いされていました。
街に名前がついてるレベル(シュタウフェンベルク街)。無知で恥ずかしい。
「トムさんみたいなサイエントロジー信者にうちの父を演じて欲しくないです!」
と、シュタウフェンベルクさんの息子と揉める位に、相当な英雄具合のようです。
(シュタウフェンベルクさんがカトリックだったというのも原因らしい)


 自分でも問題なく観られる程のとっつきやすさ、懐の広さはありました。
すんなりと入っていける。緊張感もあるし男どもが非常にカッコいい。
後に調べたところ監督の方はユダヤ人の方だそうです。
そんな方が、国の為にと信念に燃えるドイツ軍の男を格好良く撮るというのがたまらん。


 ところがやっぱり僕は「ドイツ軍泥臭くてカッコええ!」ですとか
「ドイツ軍の奴らタバコ吸いすぎ、サボりすぎ」ですとか
「何かヒトラーとかそっくりやししょぼくないのに何かパチもんくせえ!」
なんて感想ばかり。やっぱり無知で恥ずかしい。

 しかし他の方がパチもんに見える程に、トムさんに華がありすぎるのは事実・・・
演技も非常に良いです。静かな表情が渋い。
アクションですとか派手派手なイメージばかりあったので、
こういうお芝居しているのを観るのは初めてだったかもしれません。



 そんなトムさんが超必死にドッキリを仕掛けているようにやっぱ見える。


 
 面白い映画なんですが、自分の無知さと不真面目さにションボリ。
歴史に詳しい人がうらやましい。きっと2倍は楽しめる。
posted by B野 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

DRAGONBALL EVOLUTION つづき(ネタバレ)

 幼馴染のK澤(原作コミック全巻所有)に土下座せんばかりの勢いで頼み込み鑑賞。
公開二日目の、公開後初の休日を狙いました。
人が沢山入っている状態で観るのがオツだろうと思ったのです。
劇場には半分くらいしかお客さん入ってませんでした。
劇場には半分もお客さん入っていました、かもしれません。
私には判断がつきかねます。

 今回はもう感想云々ですとかそういうのではありません、全ネタバレです。
友達みんなに「おい観に行けよ」って言っているんですが、
みんな断ってきますのでいたしかたがないのです。
「絶対に観に行かないけど内容を知りたい」という方向けに全部書きます。
書かせてくれ!!!書かないと発狂しそうなんだ!!!!!111


ネタバレを了承し読む
posted by B野 at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

DRAGONBALL EVOLUTION

DRAGONBALL EVOLUTION


どこからつっこんだらええんや?



幼馴染のK澤と一緒に観たわけですが、
その後K澤宅に遊びに行きました。新しいゲーム機買っただとかで。

ストリートファイター4、おもしろかったです!!!!!!!11
posted by B野 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

仮面ライダーディケイド

 PC半壊でサイトのデータが飛んだので面倒で更新できない!
PC買い換えたいです。


 昨日から始まった仮面ライダーがとてもヤバイです。ネタすぎます。
ありえない。一文で言い表すと以下のような感じ。
中田英寿と桜井和寿とビルゲイツと手塚治虫と江戸川コナンなどの総勢9名が、
主人公の横綱・大鵬と土俵でスモウバトルを繰り広げる、みたいな内容。


 平成に入ってから放映された歴代仮面ライダーが全員出演するバカ騒ぎ作品です。
しかも主役の仮面ライダーが歴代仮面ライダーを軒並み噛ませ犬にする超展開!
しかもデザインがお世辞にもカッコよくない!腹かかえてゲラゲラ笑いました。

 仮面ライダー総出の時点で整合性だとか細かい事は気にしてはいけない。たとえ変身ベルトがその辺の壁に埃まみれで埋まってて拾う流れでも!
変身ベルトが完全にショウヘイヘーイ!だとしても!
去年の主役ライダーが主題歌に合わせて今年の主役ライダーに蹴り飛ばされても!


 しかしどれだけネタ的なつくりになろうとも、
やはり歴代のライダーが集合するというのは半端ない興奮度です。
色んな意味でおもしろすぎる。
posted by B野 at 19:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。