2008年04月06日

死神の精度

死神の精度
 小西真奈美が「私醜い女なんです」って言うけど、どう観ても美人すぎる映画。


 チケット当たったのでタダ観。伊坂幸太郎原作、『美女缶』の新人監督さんが監督/脚本。
小説の映画化ってことで、原作レイプが云々とか色々言われてるんだろうか・・・
別に原作信者じゃないのでその辺は抜きにして観ると、
無難な作りの普通のいい話という印象。
一部、単体の映画としては全く必要ないカットがあってちょっとひどい。

 ユーモラスなシーンは活字で見るとすんなり笑えるのに、
実写で人物が話すと結構お寒いなと感じました。勝手に自分の間で読んでるんだろうか。

 小西真奈美さんは美しいし、意外と歌がうまい。
金城さん死神は飄々としていてとてもかっこいいです。
でも最強は村上淳さんの死神だと思いました。

 監督さんは原作ありのものより、オリジナル脚本の方が生き生きしてる印象なので、
次回からはオリジナルのが観たいです。新人はいきなりオリジナルとかやらせてもらえないのかな。
posted by B野 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92476990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。