2007年09月06日

ネット怖い

たまにとてつもなくインターネットが怖くなる。


最近ブログやミクシィに何も考えずに好き放題書いてたせいで、
多くの人間から叩かれたり、職失ったり、最悪人生狂うような奴が増えてきている。
自業自得だし、別に可哀想とも思わない。だがひたすら怖いと思う。

本当に怖いのは叩かれることじゃない。
消せないことだ。


インターネットの凄いところは、発信することの手軽さにあるのだけれど、
一度発信してしまうと、恐ろしいことになかなか消去出来ない。
消したってアーカイブに残ってしまうし、
一度目をつけられてしまうとウェブ魚拓やら保存やら、やりたい放題されてしまう。
一度汚物を垂れてしまうと、半永久的に垂れ流し状態になるとでも思っておいた方がいい。


高校時代に作ったサイトなんて未だにその頃のネット友達なんかに語り草にされてる。
もう穴があったら入りたいレベルの恥ずかしいものだ。当然消してある。
が、未だにその残りカスはネット上に亡霊のように漂い続けている。


で、その時の経験をふまえて今現在気を付けていることがある。
・しったかしない
・独りよがりしない(泣き言を言わない、おセンチしない、ポエミィしない)
・悪意にまかせて人の悪口を書かない

この三つを守っていれば多分、数年後自分のページを見てもそんなにダメージはないはずだ。
…と思っている。
素人であろうと情報を発信することはリスキーだと言うことを知っておかねばならない。
何だかんだ言ってネット上だからといって好き放題は言えないのだ。
いや、まあ言ってもいいけど。その代わり後で必ず悔いることになると思う。

これだから完全匿名の2chに過激な言葉が並ぶことになるのだろう。
恐らく人間の本質はブログなんかよりも、ミクシィなんかよりも、あっちにある。
まあその2chですら、いつまでも自分の発言は残り続けるから、
好き放題言ってると後でとても歯痒い思いをすることになる。
感情的になるとロクな結果を生まない。ああ、怖い怖い。


だが、やはり後世にまで伝えたいことがあるならこれ以上に便利なものはない。
多分死ぬ前に俺はネットの海に何かを残していくだろう。
そういう有意義な使い方をしたい。


まあネット上でうんこうんこ言いすぎてるのでもう遅い。
名実ともに汚点。一生で終わらず後世にまで残る。死にたい。そして死んでも消えない。
posted by B野 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。