2011年08月10日

インド人の思いやりトラップ

僕は辛い食べ物がとても苦手なので、
辛さが選択できる場合は大体甘口を選びます。



帰阪後に最初に入ったインド人経営のカレー屋。
カレー定食を食べよう、と思ったのですが甘口〜激辛まで4段階くらいある。
「本場の辛さは青天井だろうし中辛でもB級妖怪(戸愚呂弟)くらいはあるはず、甘口がベスト」
とふんで、甘口を選んだわけです。
んで、ナンですとかカレーですとかスープですとか、チャイとか来るわけですわ。
カレーは僕の読み通り、ちょうどよい!というか超美味!



でもスープが死ぬほど辛くて思わず爆笑しましたね。



そっちは選択の余地なしかよと。
甘口選択してたから安心、みたいなドヤ顔してた自分を恥じました。
完全に油断していたこっちが悪いんですけど、リスク管理の重要性を学びましたね。
んでチャイ飲んだらまた脳が痺れるくらい甘いもんで脳内に小田和正の歌声が浮かびました。




東京にいてた頃は鼻くそ食べてしのぐような生活で心が荒みがちでしたが、
ハートフルな出来事や愉快な出来事もたくさんありましたので、今後ちょっとずつ投稿して
日本一の癒し系ブロガー目指しますね!
癒し度に甘口〜辛口までありますが、いかがなさいますか。
posted by B野 at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
おかえりなさーい。


甘くて辛い癒しを期待してます。
Posted by zizi at 2011年08月12日 23:20
どうもこんばんは。ただいま!

おじいちゃんおばあちゃんに甘噛みされる感じでいきますね!
Posted by B野 at 2011年08月19日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219419800
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。