2010年08月01日

■お知らせ■

 大阪に帰還します!!!!111


 話も溜りに溜まって、何から述べればよいのか分かりませんが、これだけは言えます。



 行って良かった!



 上京して最初の方は「もうやだ、おうちかえりたい」
を760回くらい心の中で反芻する時期がありましたが、今は二回りくらい図太くなりましたし、何でも出来るという気持ちで帰れます。
 東京に行って何かがあると。自分は何かになれるんだと。そういう感じで行きました。んで得た結論はこうです。


・大阪も、東京も、国内も海外も、同じ。わざわざ住む必要なし。
・プライドと悲観論と完璧主義はうんこみたいなもの


 東京って一体なんなのか?ただの場所です。東京に行けば刺激的な毎日が待っているのか?別にんなこたぁーない(タモリ)。どこも刺激的なのに自分が目を向けてないだけ。そこしかないような便利なものがあるのなら、必要な時だけ行けばよいのです。東京に住んでたら毎日そこにしかない便利なものを使うのか?別にんなこたぁーない(タモリ)。飯食うだけの日もあれば、読書するだけの日だってある。必要な時に、サッと行けるだけのフットワークがあれば良いのです。手段が目的になっていたのに気付いてとても満足しました。


 自分って一体なんなのか?ただの人です。ただの人だから色んなこともできないし、だからこそやる。やりたいと思えば何でも出来る。自分だけが特別か?別にんなこたぁーない(森田)。自分も周りも平等に同じステージに立って独自にやってますから、その独自の考え方をひたすら受け入れてフィードバックするまで。「人より優れた自分」とか幻想もいいとこ。



 あと世間に揉まれて大幅に労働意欲が向上したのがデカイ。人間働かないとダメになります。それがないと好きなことも出来ません。「働くのヤダ」って働くの辞めてみたら他の事すんのも辞めるタイプだというのに気付いたのも大きな収穫です。


以上。
posted by B野 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。