2008年04月06日

バンテージポイント

バンテージポイント
大統領が狙撃されるサマを7回くらい観客に繰り返し見せる映画。
幼馴染みであり、東大大学院生でもある友人K澤と観賞。


○予告編を観た最初の印象。
K澤=魅力的な推理もの
俺=メメント系の構成が凝った映画

○鑑賞後の印象。
俺=メメント系の構成が凝った面白い映画
K澤=「何なんだよこれ!クソつまんねーんだけど!ゴミカスみたいな映画!」


 俺は面白いと思ったんですが、東大院生のK澤君がクソミソに貶すものですから、
人様にオススメ出来る映画なのかどうか自信がなくなってしまいました。
俺は普通にかなり面白いとおもったんだけどなあ。
 
 前に『ナショナルトレジャー』という映画を観た時も、
俺は普通にB級映画だと思ったんですが、K澤は「良作」とかほざいてたので、
もうこの辺は、低学歴低収入の社会のゴミを信じるか、
高学歴かつインテリぶりのK澤を信じるかってことで、他の方には判断していただきたい。

 あ、とりあえず『メメント』っていう映画観てみて、面白いと感じたらこれも観てみて下さい。
多分気に入ると思います。何度も言うけど俺は面白いと思ったよ!
推理ものじゃなくてただの、構成の凝ったサスペンスもの、です。
オチはなんだよそれって思ったけど!
posted by B野 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチ工場の女

■マッチ工場の女
 給料でドレスを買ったら男にナンパされたけど家族から怒られて自暴自棄になって猫いらずを買う映画。


 近所で気に入ってるカフェで観る。映画関連の料理付きで1800円。
久々に観終わったら死にたくなるような類の映画がきた!(半笑いで)
淡々とマッチ工場勤務の悲惨な日々が描かれる無間地獄。
…と思いきや、淡々とした分、シュールなシーンが意外と笑えるもので、
ラストとか普通に心の中で爆笑しました。オチがやばい。これは「ない」。
↓先に書いた二つの映画のギャグシーンなんかより全然笑える。この面白さは言葉ではうまく表現出来ません。
とりあえず「どうしようもなさすぎる」感が突き抜けすぎてて笑ってしまう。

 学生時代に8ミリで『自転車泥棒』という常軌を逸したタイトルの映画を観、
友人達と爆笑した記憶がありますが、それと似た空気を若干持ってる。
ただ、多分自転車泥棒は真面目に作ってるけど、
この作品は多分普通に不条理系ギャグ映画として作ってると思う。そうとしか思えない。
ほとんど必要最小限の会話と描写しかなく、
哀愁がありすぎて笑ってしまうくらいの丁寧な画作りは、さりげなく高度っぽい。
posted by B野 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

死神の精度

死神の精度
 小西真奈美が「私醜い女なんです」って言うけど、どう観ても美人すぎる映画。


 チケット当たったのでタダ観。伊坂幸太郎原作、『美女缶』の新人監督さんが監督/脚本。
小説の映画化ってことで、原作レイプが云々とか色々言われてるんだろうか・・・
別に原作信者じゃないのでその辺は抜きにして観ると、
無難な作りの普通のいい話という印象。
一部、単体の映画としては全く必要ないカットがあってちょっとひどい。

 ユーモラスなシーンは活字で見るとすんなり笑えるのに、
実写で人物が話すと結構お寒いなと感じました。勝手に自分の間で読んでるんだろうか。

 小西真奈美さんは美しいし、意外と歌がうまい。
金城さん死神は飄々としていてとてもかっこいいです。
でも最強は村上淳さんの死神だと思いました。

 監督さんは原作ありのものより、オリジナル脚本の方が生き生きしてる印象なので、
次回からはオリジナルのが観たいです。新人はいきなりオリジナルとかやらせてもらえないのかな。
posted by B野 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の彼女はサイボーグ

僕の彼女はサイボーグ
綾瀬はるかが小出恵介にパンチしたりグロ描写を見せつける映画。


 たまたま試写会当たったのでタダ観。
ターミネーターの恋愛版みたいなやつ。露骨なパロディもあり。
結構面白いです。期待して観に行った訳ではない分そう感じたのかも。
映画館で観に行こうとは思わなかったでしょうけど、
奇跡が起こればDVD借りてるかな?くらいの感じ。
展開は良くも悪くも韓国映画風味。整合性とかほとんど気にしない。

 意外なことに邦画のくせに一部のCGが目を見張る出来。特に倒壊描写。迫力ある。
逆にギャグで使われるCGはお粗末な出来。ギャグだからいいけど。

 綾瀬さんの胸がゴムマリみたいなでかさで凄いと思いました。
あんま意識してなかったけどスタイルいいんだなあ。
綾瀬はるかファンだったら、何も言わず観に行けばいいと思います。
コロコロ着せ替えがあり、色々な格好見せてくれますが、尋常じゃない可愛さ。

 小出恵介さんは好感のもてる芝居してました。
彼が好きな人も観ればそれなりに満足出来るはずです。
前から結構好きな俳優さんでしたがもっと好きになりました。
posted by B野 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。