2008年01月17日

観たい映画

 今観たい映画が三つあります。

『スウィーニー・トッド』
『潜水服は蝶の夢を見る』
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』

 この三つなんですが、特に『ライラの冒険 黄金の羅針盤』に関して。
全然観たくないんですけど、タイトルがアレっぽいので惹かれてしまったんです。
すいません。『ライラの冒険 黄金の羅針盤』って言いたいだけなんです。

 こういう系の映画って映画館行ったら絶対一つは予告があるので、
観ても印象に残りにくい。それに何だか内容が盛り沢山なので、さっぱり意味がわからない。
でもこれに関してはやたら渋い声でタイトルコールがあった瞬間爆笑してしまったので、
行っておいてもいいかな、と思っています。
あと派手系映画は、映画館で観れば内容があれでも満足出来るっぽいことに気付いたので、
仮にハズレだとしてもダメージは小さそうだと思ったのです。

 とりあえず「女の子がしゃべる白熊に乗って戦う映画」っぽいです。
期待せずに観に行こうかと思います。
さりげなく他のファンタジー映画と絶対的に違うのは、
「ロリが主人公」だということなんですけど、僕はロリコンじゃないんで。
断じて違います。タイトルに惹かれただけです。ロリコンではありません。
posted by B野 at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

遅れましたがあけましておめでとうございます

 相変わらず非生産性の塊のようなクソサイトなのに、
足を運んで下さる方々にはただひたすら感謝。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします。


 2006年度の終わりに、愛して止まぬ犯罪大国大阪を慌しく飛び出し、
単身東京に飛び出すという暴挙をしでかしましたが。
2007年度は現時点では100点満点で20点。例年にも増して要領が悪すぎました。
勢いだけで飛び出してきてどうにかなるほど甘かあないってことでしょうか。
手痛い先制パンチをありがとうございます、この東京のくされクソうんこ様が。
東京とか死ねばいいのに。何を基準に勝手に東とか言っちゃってるんだお前は。
ちゃんと借りは100万倍にして返したるさかいに覚悟せえや!
バーカバーカ!アンポンタン!あとおしっこ!


 2005年度70点、2006年度50点、2007年度20点。
下がり調子です。この結果は厳粛に受け止めます。
計画通りにいかないにせよ、少しぐらいは綿密に筋道を立てなければ。
2、3年先の目標があっても、目先数日のことも見通せないんじゃ困る。
ようやく落ち着いたので、2008年度は焦らずじっくりと前を見据えたいところです。
まあ下がり調子でも今の自分に繋がっているからそれでいいかな。


 あと折角サイトも作り直したので、そろそろ内容の方を充実させていこうかと思います。
アイデアが溜まってきましたのでコツコツやります。
くされクソうんこ様を首都などにしている愚国の民草どもはせいぜいお楽しみに。
posted by B野 at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

アイアムレジェンドはホラー映画

 一文で表すとこうなります。
「黒人が街で一人ぼっちになって困ったので頑張って伝説になる映画」


 30分前観た映画ですけどあまりに凄くて興奮冷めやらないので、
帰宅した勢いでそのまま書きます。
「アイアムレジェンド」。出ました。21世紀初頭に燦然と輝く名作ネタ映画登場です。
この映画の話題でもう何時間でも喋れますわ、やろうと思えば。

 「アイアムレジェンド」というタイトルの時点で、
ゲームであれば間違いなくクソゲーの類であろうと容易に想像できます。
しかしシチュエーションものは大変好きなので、
以前映画館で観た予告の時点で内容にはとても気を惹かれていました。
ウィルスミスがニューヨークで一人ぼっちになってサバイバル、とかとてもソソル。
「アイアムレジェンド(笑)」という心持ちで観に行きました。

ところが映画を観終えた僕は心の中でこう呟いたのです。
「ユーアーレジェンド」
あのタイトルでいいよ。笑ってごめん。こうつけるしか、ない。


 事前情報全くなしで観に行ったので衝撃が大きかった。とりあえず言えるのは4つ。

■無駄に音でビビらせてくる、怖い
■意外とワイワイしてる
■犬が暗がりに入っていってからのウィルスミスのバカ騒ぎっぷりが半端ない
■「アメリカ人ってこういうの大好きだな!」

 映画館で観たので何かある度に飛び上がりそうになる。
とりあえず無理矢理緊張させられますこれ。
草がうっそうと茂ったニューヨークの中でウィルスミスが動物と戯れながら、
もっと自然派な生活をするようなサバイバルアクションかと思っていたのに。
映画館でなければ間違いなく腹がよじれるくらい爆笑してたと思います。
とりあえず映画館では死ぬほど音がでかくて無理から手に汗握るので半笑いでしたが。


 普通に1800円払って良かったなと思うところ。
■VFXがすごい(ニューヨークの街に人が一人もいなくて草が茂ってるとかすごい)
■犬がどっか行ってからのウィルスミスがすごい(今作のピークだと思うよすごい)


 改めてこういう映画は映画館で観ると物凄く満足感があるなと思いました。
無駄に音がでかいのでチビるほど迫力があります。
「トランスフォーマー」とはまた違った満足感を得ましたよ。
加えて「そういうの」だと思ってなかったんで。やっちゃいましたか。
僕大満足ですよ。いやもう本当にね。ブラボー!


 で、物凄くA級に面白そうな感じで大絶賛して書いてますけど、
これレンタル出てから家で観たら普通にB級なんで。120%のB。
B級ノリの映画にこれだけ投資出来る洋画は凄いな。羨ましいとしか言えません。
内容がBなのに絵面がぶっちぎりでAなんだもの。どうしようかしら。


 あとウィルスミスはこの映画じゃなくても普通にレジェンドです。
僕が小学校でハナタレ小僧やってた頃から、
コンピューターウィルスや素手で宇宙人を撃退してましたので。
まったくすごいやつだ おてあげ


それと映画館、自分含めて9人くらいしか入ってなかった
posted by B野 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。