2007年12月14日

所信表明(技名アイデア募集中)

 友人アキーラと次の作品を制作することを計画しています。A&Bproject再始動です。
脚本とかキャラクターの設定、コンテ、小道具のデザイン等を考えている途中。
がんばるぞ!

 製作中を除けば、構想段階が一番ワクワクします。
こういうのがやりたい、あれもやってみたい…想像力無限大です。
しかし映像は不可能気味なアイデアと、実現可能な技術との折り合いが肝要。
いいアイデアが出揃えば、そこから引き算をしなければいけません。
考えるだけ考えても、大風呂敷広げすぎて完成出来なければ意味はなし。
爆発は小規模なら実現可能、が、核爆発規模のは無理…いや合成次第なら、とか。
こんなアクションはある程度出来るけどワイヤーアクションは絶対無理、とか。
インディーズの一番難しくてやり甲斐のあるところなんじゃないでしょうか。
商業ベースだとその不可能の壁がかなり取っ払われるから便利なんですが、
自主制作ベースの発想は実現させてくれないのでダメです。売れるものしか通らない。
どちらも良いとこもあれば悪いところもあり、って感じ。
しかしたまーに閃き次第で不可能だと思われていたものが
可能かもしれない!となる瞬間があって、そういう時が一番幸せ。
RPGツクールとかデザエモンみたいな感覚に近し。楽しいです。


 前作前々作に引き続き同じヒーロー系統のものをやろうと考えています。
目立ちたいから、カッコつけたいから、特撮が好きだから。
ちょっと前まではその程度の認識くらいしかなかったんですが、
最近は何故そういうことを、やおらやりたがるのか根本が分かってきた気がします。


 要するにヒーローへの憧れを捨てきれないんだな。
子供の頃から憧れていたようなヒーローがいてほしい。
自己実現の究極の到達点がヒーローなのです。昔から。子供の心を捨てきれない。
現実にヒーローがいないなら、なれないなら、
作品の中でヒーローになってやればいいだけのこと。
作品の中にこそ理想の自分達が存在する。


 おもちゃ屋さんになりたい、ケーキ屋さんになりたい、アイドルになりたい。
子供の頃誰しもが何かの夢を持っていたはず。
その夢を今でも持ち続けている人間が何人いることか。
働くことはとても尊いことだと思うし、
人間が作った社会で生きる以上必要なことではあります。
が、大学卒業後、何社か転々として感じたのは、
労働社会には夢がなさすぎるということでした。味気なさすぎ。
仕事は必要だけどそれとは別に、夢を持ちつづけねばならない。
利潤第一、速さ第一のインスタント式な環境の中では夢は育ちません。
ただやってるだけじゃあ何も成長はなし。
会社で出世したい人もそうだろうけど。

 教育は自己実現や個性を伸ばす方向にシフトしているのに、
社会構造は団塊の世代の頃から何も変わらないから僕らは苦しむ。
労働義務は果たすけども従事まではしない。
それくらいのワガママは通せる強さを持たねば。
東京には地ベタを這いずろうとも頑張るキラキラした人々が沢山いる。
負けてらんない。ヒーローは、ぶれない!


 必殺技名をいくつか考えました。多分相当数ボツになりますが、
とりあえずは思いついた分だけ書き取るようにしています。その一例。

■ヴォルカニックドラゴン(下唇を噛んで発音する)
■紅朱雀(ベニスザクと読む)
■フェニックスストライク
■ファイナルエバーグリーン
■ブルーデストラクション
■ダンディボム

大人の発想じゃねえ!
posted by B野 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。