2007年10月07日

無ってなんだ

 小学生かと思われるのを覚悟で言いますが、宇宙の果てには何があるんでしょうか。
人間が生まれる前にはどういう状態だったんでしょうか。
人間が死ぬとどういう状態になるんでしょうか。

 こう言うと、必ずしたり顔で「無」だよ、と教えてくれる方が現れるんですけど、
「無」ってなんやねんな。答えになっておりまへんがな。自信満々でそんなん言うなよ。
お前あれか。ディルアングレイとか、そういうのんの信者か。
余計意味わからんくなるだろ。無を説明出来るようになってから知ったかしてくれ。
無ってなに無って。「無」って状態が「有る」っていうのが信じられない。


 別に輪廻転生を信じるわけじゃないけど、死んだら無だよというのも、
どうしても許容出来ません。おいおい、死んだらなんも無しですか?
本当にそうだとしても、何でそんなことが冷静に話せるわけ?
死んで何にも残らないのに、何で人生を全うしようと出来るの?そんなにドライでいいの?

死んだらどうせ全部パーなんだと考えたら、死にたくなるだろ!!!!1111


 無ってマジで何なんだよぉ。誰か教えてくれよ理数系の奴。
「0」を扱うお前らにしか、もうこの状態を打破してくれる人間はいない。
「0」って概念を考え出したのってインドだとか何だとか聞いたことがあるけど、
それまでは誰も0を信じてなかったってことなんだろうなこれは。
数学の世界が大きく変わったんだそうだ。それまでの数学の世界が知りたくもなる話だ。


 無くなる、って一口に言っても、大概は視認出来なくなるだけで、
実際は分子レベルで物は存在しているし、その分子がもしなくなっても、
原子は消滅してないはずだ。たぶん。自信ないけど。
もうそんなん勉強してないし。原子は不変の存在のはず。
なあ!やっぱあるんだろ!何かが!結局「無」って言いたいだけやろお前ら!
よう分かってへんから茶濁してるんやろ!「分からん」てマジ言えよ!納得するからあ!


 まあ自分の予想ではとりあえず宇宙たぶん丸い。
ミクロが粒子で球状であるのなら、マクロもまた同じでないとどうも気持ちが悪いから。
あと中島らもさんの生への考え方も、何だか妙な説得力があって
一応今のところ一番納得出来る意見だと思ってる。
理系だったら発狂しそうな考え方だけど。俺文系だからこっちの方がしっくりくる。

「生という概念の逆に、死という別の概念を持ってくるから、話がややこしくなる。
「生」は状態なんだから、「生」の逆は「生きていない」でないといけない」


そんで彼は今、生きていない。別に不幸じゃないだろう。
むしろ分からなかったことが分かって、清々としているかもしれない。


 どうせ人間の小さい脳の容積じゃ理解出来ないような概念なんだろうな「無」とかその辺のことは。
何かよく分からないものがあるのが「無」だということにしとくけど。
きっと人間がそれを知ると発狂してしまうと思う。
道を這うアリさん共が、人間社会のことは一生理解出来ないし、
もし理解出来たならその瞬間、頭おかしくなるんじゃなかろうか。
低次元側に存在しているものが、高次元側に進出することは普通に考えてできない。
高次元側の存在に好き放題されてるってのが現実のはず。


 とりあえず何も無いところからは、何も生まれないという、
ごく当たり前のことくらい、通って欲しいと思います。この世。
posted by B野 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

近況

 上京してからというもの、半年ほど続いた無職生ゴミ産廃生活にピリオドが打たれます。
就活しだして一発目で希望職種、会社で一発採用だったというのには、
さすがに自分で自分を誉めてやりたい気分です。よく頑張ったね!
(顔中の穴にセメントを塗り込みながら)
営業マンやってて良かった。会社の人が言ってたんですが、
その通りになってました。世渡りが上手くなったような気がします。
前の職場、はっきり言って相当きつかったので今がクソほど楽に感じる。

 しかし初給料が出るのが翌々月。
やっぱり詰み確定か!?いやはやどうして良い物か分かりませぬ。
マジで、マジで死ぬかもしれない…まっいいけどね!生ゴミが腐ゴミに変わるだけだから!


 とりあえず今から東京の師に会いに行ってきます。
「好きなことして食ってくことが崇高だなんて思うなよ。相当クソなんだってこと自覚した上でやれ」
上の立場の人間でこういうこと言う人は、今までの人生でなかなかいなかったので印象に残ってる。
もしかしてクソなんじゃないか?って思ったりはするんだけど、
ガキだから気取りたがって認めようとしてないとこ、あったと思う。
改めてやっぱクソなんだろうなあ。と思いました。

 そりゃそうですわな。アーティスト(笑)とか名乗っちゃう人もいるけど
それ以外のことが出来ないから、それに生きることしか能がないだけで、
社会からしたらただの不適合者でしかないもの。
たまたま作品が売れてなかったら怪しいもんだ。
モーツァルトもベートーベンも今でこそ偉大な人間として称えられてるけど、
当時はただの貧乏人でしかなかった。ダメ人間って言っちゃっていいと思う。
大学で意味分からんポエムみたいなプレゼンとか、
キャプション作ったりしてる人たちを見る度思ってましたけど、
そんなご立派なもんじゃないですよ、物作る人間は。カッコつけちゃあいかん。


 最近は作品制作して、それで食ってこうなんて馬鹿げたことは考えなくなりました。
作品作るのは食う事が目的じゃないから。当たり前ですけど。
ただ単にそう出来てる人たちが羨ましかったり憧れたりしてただけで、
別にそんな、他の方法で食いながらやったらいいだけじゃん、
楽しみたいだけだからそれで食えなくても嫌じゃないなあ、と最近思うようになりました。
長い長い中二病からようやく卒業出来たのかもしれません。

 学生の頃は何もしなくても、何だかんだ親の庇護の元、飯が食えてたから好き放題やれてただけで。
社会人になったんだから何かして飯を食えるようにしてからでないと、好き放題出来んと。
どうせ学生時代も、制作時間足らん足らん言いながら、
漫画読んだり、友達と遊んだり、くっちゃべったりしまくりだったんだから、
結局作品の制作時間なんて大して変わんないんだよな。気付いてしまった。
学生でも社会人でも、何やってても大して差、ない。俺の場合。
若くして成功するような(本当に凄い人は20歳までに仕事もらってると思う)
才能のある人間じゃないんだから、長く続けられる方法を考えるべき。


 長男に生まれたくなかったなあ。男に生まれたくなかったなあ。
好き放題やってるように人からは見えるかもしれないけど、
俺だって世間の目とか、親への迷惑とか、色々感じたりもする時くらいあります。
本当にメンドクサイ。食える食えないとか、どこの原始人の悩みだよ…
女の人だったら結局結婚出来たら楽勝じゃないですか。
それにお金がなくなっても最終手段で身体売れば良いし。
女の人を侮蔑したいがためにこんなん言ってるんじゃないですよ。
うちのおかんも普通の顔して言ってたし事実、そういうとこあるでしょ?
そういうこと考えなくてもいいような、仕事のできる女の人は会社でそんなん言われて腹立てたりするようなこともあるんでしょうけど。(そういう人には不快ですねすいません)

 東京来てから何人かの女性と知り合ったんですが、
どの人も夢のためには手段を選ばないような人達ばかりでした。
その人達を見ていると、むしろそれくらいやれるって覚悟がないとダメな気すらしました。
俺もいざとなったらおっさんに尻を差し出さなければならない時が来るかもしれない…
いやしかしそれは…


 ということはどうでもよくてYUIがヤベエ!
悶死する勢いで顔が好み。歌下手すぎだけど。歌全然良いと思わないけど。
大塚愛と同じようなもんですよ。
「大塚愛の音楽的ジャンルはぶりっ子!」ってバンドマンの友達が言ってて昔爆笑したけど、
YUIは音楽的ジャンルはマグロだと思います。顔が好みすぎてヨダレすら出ます。
食ってる飴ちゃん取り上げておもくそ泣かしてやりたい妄想にとらわれて大変。
posted by B野 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。