2007年09月16日

螺、螺、螺、螺旋

営業マン時代に知り合った人と久々に電話で話をしました。
最近話してばかりいる。自分の立ち位置を確認する為にも、
色々な人と会話することはとてもためになる。
ここ数週間は進んでそれをやっているような感じです。

で、改めて思ったのは、学生生活を終えたことで、
死ぬまで続く戦いが始まってしまったんだということ。
そんな環境に順応しようとする転換期であるから、
もがき苦しまないといけないのは当たり前なんだと。

リタイアしない限り死ぬまで続く自分との戦い。
そしてリタイアすることは「負け」を意味する。

ひとり、ふたり、と早速脱落していく。
結婚、出産、家庭の事情、世間の目、収入など理由は様々…
世間的にはそれが幸せなのでしょう。それでも俺からしたら負けは負け。
そんなことは許されない。負けず嫌いだから。
自分から身を投じた以上、絶対に勝たなければいけません。

結婚しようが子供が生まれようが、それは理由にはなりません。
別にほんとに家庭を持ちたいなら持てばいいし、
子孫を残す事は遺伝子に本能として刻まれているのだから、それは否定しない。
でも、それらが自分が一度立てた目標を放棄する理由にはならない。
しんどいことから目を背けるための言い訳にしか過ぎません。
穏やかな生活を夢見るもよし。されども今度はそれを存続させるべく戦いが始まるだけのこと。
それもまた出来ないで、昔砕けた夢に思い馳せる、
そんなどっちつかずの人生を送ることが、最も俺が恐れる人生。
家庭を持ちたくなったら、二足目の草鞋を履きこなせるようにしなきゃいかんと。
だから今は一足目を一生懸命、やる。

自分に負ける時、即ち死。
それくらいの覚悟がなければ、きっと続けられない。


果たして僕は死ぬまでこのレースから降りずに生きていけるでしょうか?
これから恐怖と強迫観念とうまく付き合えるようにしなきゃ、死んじゃいますねこれ。
人生を賭してやってくことだから、出来なきゃ人生断つ、っていう当たり前のことなんですけどね。
死にたくはないし。続けるしかないんですよね。
自分の業と欲の深さに感服する。
posted by B野 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲントウキ

関西で知ったゴールデンファイブという東京の変なバンドが主催しているライブイベントに行って来ました。
東京に来てからライブハウスに行くのは三度目。

対バンにゲントウキという関西のバンドがいて豪華さにちびりそうになりました。
学生時代に大阪のFM局で一時期無茶苦茶曲がかかっていて、
それがいたく気に入ったのでCD買ったりしてたんですが。
その曲もちゃっかり聴けたのでほくほくでした。

他の対バンの人達は初めてでしたが、
どれもクソ素晴らしいバンドばかりで大満足のいい夜でした。
小さなハコで良い音楽が聴けると幸せですね。
東京は美術館も充実してるけど、ライブハウスも充実してるっぽい。
金のない人間でも手軽に、格安かつ間近で観られる。ああ幸せ。
posted by B野 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。