2007年09月27日

ゴミクズめが

 出来たあああああああaaaaaaaa

 100%完成ではないんですが9割方出来たので晒しておきます。
オカエボ サドン
できてすぐでアレなんですけど、色々今のホームページスペースの
ダメな所が見えてきたので、有料のとこに引っ越しするかもしれません。
そうしてようやっと100%実現にこぎつけるかな。いつになることやら。
少しは内容に似つかわしくない感じになってくれたでしょうか。
前のが暗い色でもの凄く気が滅入ってくるので明るめにしました。

 それにしても疲れた。過去ログ移し替えがマジで面倒でした。
二度とやりたくない。一生このまま続けられたらいいのに…
もうWeb3.0とか4.0とか提唱して欲しくないです。
その度にサイト書き換えないといけないんだと思うと吐き気がします。

 んで、改めて思ったんですけど、俺、昔から本当にクソみたいなことしか書いてませんね。寒気がするくらいのものが沢山あって死にたくなりました。
半分くらい捨てましたけど、残った半分も本当に産廃みたいなものしかない。
でもね、人間ってそういうもんなのよね。
そういうの繰り返して人は大人になっていくのよね。

 頑張ってこれからも色んなものをこき下ろすゾ!(^^)
posted by B野 at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

作業の終わりが見えてきた

サイトの再構築作業の終わりがようやく見えてきました。
もうサイトのサの字も聞きたくないくらいソース弄りました。


何かを作ることにマジ没頭しだすと飯食う時間がもったいなくて食わなくなります。
腹減ってるのに食わない。だから何か表情が最後の方はおかしくなってくる。
限界が来てからやっと食うので食べ過ぎるし…
大したもんも作れないのに、そういうとこだけストイックな作家肌なのが凄く格好悪い。
マリカーやったことないくせしてドンキー使ったり、
ゴエモンやったことないくせしてエビス丸使ったり、
ドラクエやったことないくせに遊び人に転職したり、
変身出来ないくせにヘルメット被って腕にアタッチメント装着したり、
そういうことと同義。

自宅でいる時しかこういう状態ってならないんですけど、
不健康で不健全な感じしかしないのでマジで嫌。体調危なくなるだけで得しないし。
時間が掛からなくてすぐ食べられて、腹持ちのいい食べ物誰か教えて下さい。
サンドイッチとかそれなんでしょうけど。サンドイッチ伯爵マジすごい。
posted by B野 at 23:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

とりあえずソース書けた

tagcheck.gif

この…きたならしい阿呆がァーーッ!!


一日中パソコンと睨めっこしての結果がコレですか。
これだから構文とかどうのって言うのは嫌いなんだ…
半角英数字一つ単位で間違い指摘してくる。お前は木津 千里ですか?
俺は文系なんだからちょっとくらい大目に見てくれ…

微調整してログ全部移し替えたりすれば完成です。
もうちょっとかかるなコレは。
posted by B野 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

螺、螺、螺、螺旋

営業マン時代に知り合った人と久々に電話で話をしました。
最近話してばかりいる。自分の立ち位置を確認する為にも、
色々な人と会話することはとてもためになる。
ここ数週間は進んでそれをやっているような感じです。

で、改めて思ったのは、学生生活を終えたことで、
死ぬまで続く戦いが始まってしまったんだということ。
そんな環境に順応しようとする転換期であるから、
もがき苦しまないといけないのは当たり前なんだと。

リタイアしない限り死ぬまで続く自分との戦い。
そしてリタイアすることは「負け」を意味する。

ひとり、ふたり、と早速脱落していく。
結婚、出産、家庭の事情、世間の目、収入など理由は様々…
世間的にはそれが幸せなのでしょう。それでも俺からしたら負けは負け。
そんなことは許されない。負けず嫌いだから。
自分から身を投じた以上、絶対に勝たなければいけません。

結婚しようが子供が生まれようが、それは理由にはなりません。
別にほんとに家庭を持ちたいなら持てばいいし、
子孫を残す事は遺伝子に本能として刻まれているのだから、それは否定しない。
でも、それらが自分が一度立てた目標を放棄する理由にはならない。
しんどいことから目を背けるための言い訳にしか過ぎません。
穏やかな生活を夢見るもよし。されども今度はそれを存続させるべく戦いが始まるだけのこと。
それもまた出来ないで、昔砕けた夢に思い馳せる、
そんなどっちつかずの人生を送ることが、最も俺が恐れる人生。
家庭を持ちたくなったら、二足目の草鞋を履きこなせるようにしなきゃいかんと。
だから今は一足目を一生懸命、やる。

自分に負ける時、即ち死。
それくらいの覚悟がなければ、きっと続けられない。


果たして僕は死ぬまでこのレースから降りずに生きていけるでしょうか?
これから恐怖と強迫観念とうまく付き合えるようにしなきゃ、死んじゃいますねこれ。
人生を賭してやってくことだから、出来なきゃ人生断つ、っていう当たり前のことなんですけどね。
死にたくはないし。続けるしかないんですよね。
自分の業と欲の深さに感服する。
posted by B野 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲントウキ

関西で知ったゴールデンファイブという東京の変なバンドが主催しているライブイベントに行って来ました。
東京に来てからライブハウスに行くのは三度目。

対バンにゲントウキという関西のバンドがいて豪華さにちびりそうになりました。
学生時代に大阪のFM局で一時期無茶苦茶曲がかかっていて、
それがいたく気に入ったのでCD買ったりしてたんですが。
その曲もちゃっかり聴けたのでほくほくでした。

他の対バンの人達は初めてでしたが、
どれもクソ素晴らしいバンドばかりで大満足のいい夜でした。
小さなハコで良い音楽が聴けると幸せですね。
東京は美術館も充実してるけど、ライブハウスも充実してるっぽい。
金のない人間でも手軽に、格安かつ間近で観られる。ああ幸せ。
posted by B野 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

話す

久しぶりに人と本気で話す機会を得ました。

俺における「本気で話す」というのは4本の柱で成り立っています。
1「素直に話す(嘘をつかない)」
2「とにかく大量に話す」
3「愚痴ではなく、主張を話す」
4「すっきりする」


何かしら趣味が合うとか、同じような感覚を共有出来るような相手でないと出来ません。
抽象的な概念を言葉でどうにかねじ伏せようとする人や、
支離滅裂と言えるような度合いで話題が多岐に渡っても、
平気な顔して渡り合ってくるような、どこか異常な人でないといけません。
人に話したいことがひたすら沢山あるような、俺と同タイプの人間が一番やりやすい。
異常でない人と話すと、「え?今適当に聞いてた」、「話してると疲れる」
そういう感じになります。そういう場合は相手がまともなトークを求める人なんだと言う事で諦めたりします。


整理なんかする必要もなく、バンバン喋らせてくれるような寛大な人というのはなかなかいないもので、
貴重な時間です。友達でもそういう人間は指折り数えるほどしかいません。
頭の中にあることをとりあえず全部出力するような感じ。
すると脳みそが活発になる感覚があります。それが気持ちいい。
愚痴を沢山吐くと、何だかその後で自己嫌悪に陥ったり良心の呵責に苛まれたり、
最悪「あんなこと言うんじゃなかった」みたいなことになったりするので、
そういう話し方より大分健全だと思います。


6、7時間話し、その中で「万死に値する」という表現を7回くらい使いました。
「万死に値する」って言いたかっただけです。

凄い言葉だな、「万死に値する」。
よくも悪くも強烈なエネルギーを感じるし、何だか語呂が好きだ。


万死に値する!
posted by B野 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

ゴーマニズム宣言から得たもの

「俺の知り合いがさあ、○○なんだよな、凄いだろ?」
「へぇそうなの。で、お前はなんなの?」
「…」

「こういう奴ってホント寂しい奴だな!心底見下してる!」


中高生時代、小林よしのりさんの『ゴーマニズム宣言』を読んでました。
いかにも中高生しちゃってました。お恥ずかしい。
で、星の数ほどあった主張の中で、何故か一番感化されたのが上記のような主張。
小林さんのアクの強い表現もあってか、強烈に印象に残っています。
自慢してる奴がホントちっぽけな奴に見えるんだもんなあ。
毎回外敵を厭らしく描くのがホント上手いなと感心してたものです。
絵柄が好きでないのも手伝ってか、もの凄い嫌悪感を覚えた当時の俺。

同じ下品でも漫☆画太郎神や古谷実御大は大好きなのに、
なぜに小林さんだと嫌悪感を覚えるのか分かりません。
絵柄がコロコロ的過ぎるからなのかなあ。俺ボンボンジャンプ派だから。

絵が嫌いだったら普通読めないと思うんですが、
それでも読んでいたのは単純にエンタテイメントとして面白すぎたから。
オウムと戦ってた頃は本当に神でした。また読みたくなってきた。
多少無茶な主張でも押し通してしまうパワーとバイタリティ。
読み終わると頭が痛くなる漫画というのも、後にも先にもこれしかないと思う。
今思うと、そのパワーに任せて若者を焚き付けるのも本当に上手いと言うか、ずるいと言うか。


今どんな活動をしてらっしゃるのか存じてませんが、
きっと今読んだら、相変わらず大人げねえな、と感じそうな予感がします。
それくらい小林さんは子供臭い。煽られたら絶対に煽り返すし、
平気で他人を罵倒するし、負けず嫌い。
ああいう人だからおぼっちゃまくんみたいなのを描けたんだろうな。


とまあ、話があちこち飛びましたが。とにかく冒頭で述べた主張には共感したのです。
以前、同窓会の席で、そんな話してた女がいたのでおもくそ腹パンチしてやろうかと思いました。
誇張表現じゃなくてマジにそのままの例を体験してしまいました。
早くもオトナ社会に絶望したものです。

人は一人じゃ生きてはいけません。
でも人の自慢でしか自分の価値を見出せない奴はマジで死んでるも同然です。
全力で下に見てるし、絶対にそうならないようにだけ、しながら生きてます。



友達の友達がサンデーで連載持ってます。


俺?俺は便所虫だけど?^^
posted by B野 at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HDD 逝キソウ

ィィーンガリガリガリガリガリガリ!


やべえ。何か外付けハードディスクが奇声を発している!
アクセスランプも常時点灯で明らかに挙動がキマッちゃってる感じです。
今のうちに、運良く購入していたもう一台新品HDDの方にデータを移し替えないとマズイ。
とりあえず自主映画関係のデータ全てを移動中です。
ヤバイヤバイ。予断を許さない状況だ、これは。
移し替え中に何かトラブルがあったら…最悪の事態が…!

これはあれだな、恐らくご逝去が近いのだと思います。
人にはとても言えない○○が○○なファイルとか、
ミッドナイトの○○を××っとする秘蔵の○×とか、
そういうのは最悪諦めないといけないような予感です。
既に今の時点でもの凄い喪失感があります…
とりあえずまだ生きてるうちに大事なファイルは移し替えよう。


皆さんもバックアップには気を付けて下さい。
大容量Webスペースとか借りようかな…
posted by B野 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

過去ログ整理とバカな人

サイトの再構築中です。

新しいこと覚えながらだと、遅々として進まないので、
何かもう出来そうな簡単作業を先にすることにします…
つまんねーカスみたいなログが沢山残ってるので、
ひどすぎるやつは全部捨てちまおうかと。

全部、ひどい。

どうしよう。


政治のことは勉強不足だから下手に口出しすると、
余計無知が露呈して格好悪いことになるし、今まで言及してませんでしたが。
今回ばかりはサービス残業ばかりだった労働者の立場として言わせてもらう。

舛添さんって、バカなの?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070911-00000076-jij-pol
posted by B野 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

大学の授業

CSSが一向に分からないままでサイト再構築難航中。


大学の一般教養で学んできたことが、ほとんど思い出せません。
授業に出ていた当初から何となく予想はしていたんですが、その通りになってしまいました。
専門分野は自分なりに頑張った気がしますが、それ以外はほぼ単位のためだけということに…
大学に通っている当時、「大学は勉強しに行く所だから、受動的では学べない」
というようなことを意識しているつもりではいました。でもやはり不十分だったようです。
世の一般的な大人と全く同じ「勉強してれば良かった」になってしまいました。

最初は朝も早よから足繁く通って、モリモリ単位を取るやる気満々ボーイだったのに。
何故に四年生の頃には、ダラダラ大学という豚小屋に飼いならされる家畜になってしまったのか…


多少は教授の授業の下手さにも問題があったんだと思います。
教職課程とってましたが、その授業を受ければ受けるほど、大学の殆どの教授が
あくまで「研究者」であって「先生」でないことが痛感出来て何だか悲しい気分になったものです。


結果、大学の一般授業は文章表現の授業しか覚えてないという状態に。
雑学中心の授業でした。チンパン脳の俺にベストマッチ。
教授が学生に興味を持たせる話をするのが上手かったんだと思います。
具体的な指導なんて「ワンセンテンスは短く」「分かりやすく書く」
なんて基本中の基本しかされてないのに、雑談の内容が濃くて飽きずに行ってたもんなあ。


大学には「方法」ではなくて「考え」を養っていくような授業を
増やすべきなんじゃないかと。もっと楽しくなると思うんですけどね。
ひたすら受動性を高めてくれるような授業が多いんだよなあ。
やる気のある学生もいつしかなくしちゃうよ。
posted by B野 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

悪意にまかせて人の悪口を書く

どういうわけかここ数日、俄然元気です。


・金持ち
・親が金持ち
・金持ちの一族
・団塊の世代
・長男=一家の大黒柱とかいう発想を日本で最初に提唱しだしちゃった奴
・ニートを無くそうとか言いながらアフターフォローでどうにかしようとして一向に新卒採用を無くそうとしない人達
・学歴がなくても仕事出来れば評価される社会にしようとしないキャリアのボンボン共(特に親の威光にすがるばかりのボンクラ)
・仕事出来んくせして威張り散らしたり、実現不可能な理想論しか言わない上司
・「最終的に男と結婚すれば問題ナシ!」的な感じにどこか油断してて他人任せにフラフラしてるビッチ共
・金持ち
・性格の悪い俺よりも明らかに性格が破綻してるのに内定もらってミクシィやらブログやらに犯罪自慢書いたりする奴ら
・親が金持ち
・金持ちの一族
・月給30万以上
・GLAYのライブの最前列の方で人差し指立てて両手振りながらノッちゃってる奴ら
・ロキノン系バンドのライブの最前列の方で一小節ごとに「OI!OI!OI!OI!」とか煽っちゃってる奴ら
・光市母子殺害事件の犯人と弁護団
・大塚愛
・オレンジレンジ
・コウダクミをくーちゃんって呼んじゃってる奴ら
・タトゥー
・大塚愛のくせして金持ち
・ミッシェルガンエレファントとブランキージェットシティーを聴きながらNANAを読む女共
・オレンジレンジのくせして金持ち
・氷結のCM時のコウダクミと、それ観て氷結買う奴ら
・俺


全員うんこおしっこどっさり食べて下さい!!!!!!11111
posted by B野 at 00:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ネット怖い

たまにとてつもなくインターネットが怖くなる。


最近ブログやミクシィに何も考えずに好き放題書いてたせいで、
多くの人間から叩かれたり、職失ったり、最悪人生狂うような奴が増えてきている。
自業自得だし、別に可哀想とも思わない。だがひたすら怖いと思う。

本当に怖いのは叩かれることじゃない。
消せないことだ。


インターネットの凄いところは、発信することの手軽さにあるのだけれど、
一度発信してしまうと、恐ろしいことになかなか消去出来ない。
消したってアーカイブに残ってしまうし、
一度目をつけられてしまうとウェブ魚拓やら保存やら、やりたい放題されてしまう。
一度汚物を垂れてしまうと、半永久的に垂れ流し状態になるとでも思っておいた方がいい。


高校時代に作ったサイトなんて未だにその頃のネット友達なんかに語り草にされてる。
もう穴があったら入りたいレベルの恥ずかしいものだ。当然消してある。
が、未だにその残りカスはネット上に亡霊のように漂い続けている。


で、その時の経験をふまえて今現在気を付けていることがある。
・しったかしない
・独りよがりしない(泣き言を言わない、おセンチしない、ポエミィしない)
・悪意にまかせて人の悪口を書かない

この三つを守っていれば多分、数年後自分のページを見てもそんなにダメージはないはずだ。
…と思っている。
素人であろうと情報を発信することはリスキーだと言うことを知っておかねばならない。
何だかんだ言ってネット上だからといって好き放題は言えないのだ。
いや、まあ言ってもいいけど。その代わり後で必ず悔いることになると思う。

これだから完全匿名の2chに過激な言葉が並ぶことになるのだろう。
恐らく人間の本質はブログなんかよりも、ミクシィなんかよりも、あっちにある。
まあその2chですら、いつまでも自分の発言は残り続けるから、
好き放題言ってると後でとても歯痒い思いをすることになる。
感情的になるとロクな結果を生まない。ああ、怖い怖い。


だが、やはり後世にまで伝えたいことがあるならこれ以上に便利なものはない。
多分死ぬ前に俺はネットの海に何かを残していくだろう。
そういう有意義な使い方をしたい。


まあネット上でうんこうんこ言いすぎてるのでもう遅い。
名実ともに汚点。一生で終わらず後世にまで残る。死にたい。そして死んでも消えない。
posted by B野 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

不思議の国

名古屋にいる友人が、今現在俺が住んでいる東京に急に来るとの事だったので、
泊まってもらったり、ギャラリーに連れてってもらったりしました。

で、今日は六本木に行ったのですが、夜になってからの街の様子が異常。
ド派手なネオンを瞬かせる歯医者、ヨウメン言ってボコボコにしてきそうな黒人達、
露出度高い服ばかり着ている女達、幼児が三ヶ月遊び倒したジェニーちゃんの如き髪したホスト達…
オッパイパブヨ!オッパイパブヨ!連呼する謎のアジア系人物…
これが本当に、過去に安全神話が存在していたという日本なのか!?

大阪に住んでいた頃も、西成に行った時同じようなことを考えましたが、
こっちもこっちで凄いです。ポンギヤバイ。マジ油断してたら殺される。
posted by B野 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ハゲとロボの素晴らしさ

友人K澤と数週間前「ダイハード4.0」、そして今日は「トランスフォーマー」を観に行きました。


「ダイハード4.0」は、格好の良いハゲの映画でした。
あんなにハゲが格好良いのなら、ハゲても残念じゃないかも、と思えるほどにハゲ4.0でした。
俺はダイハードシリーズは初代しか認めていなかったダイハード1厨なんですが、
その俺でも素晴らしいと思えたので、迷っていた方にもオススメ出来ると思います。
(それでも1が一番なのは今でも変わりません)
まあ、それでもハゲって、むちゃくちゃカッコ悪い。


「トランスフォーマー」は半分以上メガネを探す映画でした。
敵側も普通に「メガネメガネ!」とやっさんみたいな事を言っていました。
んで、
ストーリーがどうとか、通常の映画ならケチつけたくなることが2、3出るものですが、とにかく、


最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1111111


鑑賞後K澤と特に熱を入れて話していたのは、デストロン軍団集結シーン。
俺の観てきた映画史上、五指に入れても良いくらいの格好良さでした。尿が漏れるかと思った。
あのシーンで男の子回路がキュンキュンならねえやつは、男じゃねえ。
ナオンには一生分かりっこねえロマンが、そこにありました。

全体的にデストロン軍、特にメガトロン様は最高です。
乗り物からロボットに変形したあと「メガトローン!」
と悪役レスラーみたいに咆哮したりします。尿が漏れるかと思った。

・ロボ好き
・メリケンニズム好き(ロシア中国北朝鮮をこれ見よがしに悪者扱い!尿が漏れるかと思った)
・ガキの頃トミカにはまっていた大人達
・全ての男ども


正座して観ろ!



あ、俺、小さい頃はトランスフォーマーにはまっている時期があったんですけども、
いつの間にか離れてしまって、コンボイ以外は特に覚えていない状態だったんです。
(コンボイが死んだシーンで大泣きした覚えはある)
ですから往年のトランスフォーマー好きの人ほど思い入れは濃くはないと思います。
逆にこだわりがないから楽しめたのかもしれないですね。

コンボイはアメリカ版のオプティマス・プライムでした。
しかし吹き替え版の声を当てているのは玄田哲章さんだそうです。
往年のファンの方はそういう要素で楽しめるんじゃないでしょうか。


まあとにかく黙って観とけよお前ら。
posted by B野 at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。